TOP 丸文財団について 表彰・助成事業のご紹介 応募要領 過去の受賞・受領者 お問い合わせ
ニュース

News

丸文学術賞受賞者 天野 浩教授がノーベル物理学賞を受賞
受賞理由は、明るく省エネルギーの白色光を可能にした青色発光ダイオードの発明

第4回(平成12年度)「丸文学術賞」を受賞された天野 浩名古屋大学教授(54)(当時40歳、名城大学 理工学部助教授)が、赤崎 勇名城大学教授(85)、中村 修二米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授(60)とともに、2014年ノーベル物理学賞を受賞されました。
天野先生のノーベル物理学賞受賞は、丸文財団にとっても大変喜ばしいことです。受賞の3教授に、心からお祝い申し上げます。

研究業績表彰 平成12年度受賞者ページへ
天野先生は、赤崎先生の推薦により研究業績表彰に応募し、
丸文学術賞を受賞されました。

丸文学術賞受賞の業績紹介へ

受賞者集合写真
科学立国日本を築く-極限に挑む気鋭の研究者たち-

天野先生には、丸文財団創立10周年に記念出版した「科学立国日本を築く
-極限に挑む気鋭の研究者たち」にも、以下の原稿をご執筆いただいています。
■ 第1章 青色から紫外光へ:LEDとレーザの新展開
 ・1 青色発光ダイオードの夢
 ・2 窒化ガリウム(GaN)と関連半導体の結晶成長

科学立国日本を築く-極限に挑む気鋭の研究者たち-

ウェブサイト利用規約     丸文株式会社