TOP 丸文財団について 表彰・助成事業のご紹介 応募要領 過去の受賞・受領者 お問い合わせ
過去の受賞・受領者

年度別受賞・受領者

平成20年度 助成および表彰

平成21年3月4日(水)、第12回となる平成20年度の助成・表彰は、「集積デバイス技術・LSI システム」「光エレクトロニクス」「先端デバイスおよび材料」「環境エネルギー・バイオエレクトロニクス」のいずれかの分野に従事している研究者を対象に公募・選考し、研究業績表彰4名、交流研究助成14名の国内外研究者に対して総額2,700万円の助成金・表彰金を贈呈しました。

研究業績表彰 総額900万円
我が国の大学、国公立研究所等の研究機関において、研究交流に基づき顕著な業績をあげつつある研究者を表彰するものです。

丸文学術賞(賞状、賞金 300万円および記念品 受賞者1名)

(敬称略)
研究者名(年令・出身国名) 研究機関名 研究題目
年吉 洋
(40歳・日本)
東京大学生産技術研究所 マイクロメカトロニクス国際研究センター
准教授
MEMS技術の光エレクトロニクス応用に関する研究
研究紹介

丸文研究奨励賞(賞状、賞金 200万円および記念品 受賞者3名/賞金合計600万円)

研究者名(年令・出身国名) 研究機関名 研究題目
岡田 健一
(33歳・日本)
東京工業大学大学院理工学研究科
准教授
超広帯域リコンフィギュラブル無線集積回路技術の研究
研究紹介
齊藤 英治
(37歳・日本)
慶應義塾大学 理工学部物理情報工学科 専任講師
科学技術振興機構さきがけ
研究員(兼)
スピン流生成・検出のための基礎物理現象の開拓
研究紹介
東脇 正高
(36歳・日本)
独立行政法人情報通信研究機構
新世代ネットワーク研究センター
主任研究員
超高周波窒化ガリウムトランジスタの研究開発
研究紹介
交流研究助成
(満年齢原則35歳以下:受領者14名/助成金合計1,800万円)
研究者名(年令・出身国名) 研究機関名 研究題目
ファテメイ
アビリシャーミアン
(32歳・イラン)
大阪電気通信大学
工学部電子機械工学科
客員研究員
ガラス構造変化を用いた屈折率変化法の開発と光デバイス製作及び特性調節への応用
ファム ナム ハイ
(29歳・ベトナム)
東京大学大学院工学系研究科
電気系工学専攻 博士課程
強磁性ナノ微粒子を用いた半導体スピントロニクス材料と新原理デバイスに関する研究
グエン コック
マイカーン
(28歳・ベトナム)
東京大学大学院工学系研究科
電気系工学専攻 博士課程
先端CMOS技術によるサブミリメータ波3次元イメージングシステムの研究
カトリン ヘプナー イロナ
(27歳・ドイツ)
東北大学大学院工学研究科
学部研究生
水素発生マイクロリアクタ
イスラム MD. サイドル
(31歳・バングラデシュ)
筑波大学大学院数理物質科学研究科 博士課程 ソフト化学合成法による非鉛強誘電体多層膜の作成とその巨大強誘電・電気光学応答
王 冬
(34歳・中国)
九州大学
産学連携センター・プロジェクト部門
特任准教授
高性能バイポーラトランジスタのための高精度・局所歪み評価
陳 少強
(29歳・中国)
筑波大学 数理物質科学研究科
博士課程
希土類添加GaNのMBE成長と評価
キョン ギュホン
(28歳・韓国)
慶應義塾大学大学院理工学研究科
博士課程
交互積層法による機能性TiO2超薄膜の作製
キム ジャンヨル
(34歳・韓国)
東北大学 多元物質科学研究所
博士課程
色素増減太陽電池適用のための酸化チタンナノチューブの構造規制及び評価に関する研究
アンサリ タニア
(27歳・バングラデシュ)
広島大学大学院先端物質科学研究科 半導体集積科学専攻
博士課程
人体ネットワーク、自動運転アシスト、及びバイオメディカルシステムにおける学習・認識機能を有する知的アプリケーションのためのスケーラブル・低電圧動作連想メモリVLSI回路技術
松永 真理子
(27歳・日本)
早稲田大学
先端科学・健康医療融合研究機構
研究助手
固体表面に固定化したハイドロゲルの電気応答性
ド ソン ンオク
(29歳・ベトナム)
大阪大学大学院工学研究科
精密科学・応用物理学専攻
博士課程
近藤効果を取り入れたAB干渉計での電子輸送特性に関する理論的研究
シャオ チーハン
(26歳・台湾)
早稲田大学 理工学術院
博士課程研究員
分子線エピタキシャル成長によるZnO結晶の高品質化と光デバイスへの応用の研究
S.M.アブドゥル ラザック
(33歳・バングラデシュ)
琉球大学大学院理工学研究科
総合知能工学専攻 博士課程
医療の超広帯域光源用高非線形フォトニック結晶ファイバの最適設計

国際交流助成(海外旅費)
受領者33名/助成金額698万円を助成しました。

産学官交流助成(国内旅費)
受領者6名/助成金額97万円を助成しました。

ウェブサイト利用規約     丸文株式会社