TOP 丸文財団について 表彰・助成事業のご紹介 応募要領 過去の受賞・受領者 お問い合わせ
過去の受賞・受領者

年度別受賞・受領者

平成9年度 助成および表彰

平成10年2月16日(月)、第1回のとなる平成9年度の助成・表彰は、「先端デバイス」「システムLSI」「光エレクトロニクス」のいずれかの分野に従事している研究者を対象に公募/選考し、4部門合計25名の国内外研究者に対して総額2,372万円の助成金・表彰金を贈呈しました。

研究業績表彰 総額400万円
我が国の大学、国公立研究所等の研究機関において、研究交流に基づき顕著な業績をあげつつある研究者を表彰するものです。

丸文学術賞(賞状、記念品および賞金 200万円 受賞者1名)

(敬称略)
研究者名(年令・出身国名) 研究機関名 研究題目
小山 二三夫
(40歳・日本)
東京工業大学 精密工学研究所
助教授
大容量光通信のための限界究明と並列光デバイスに関する研究

丸文研究奨励賞(賞状、記念品および賞金 100万円 受賞者2名/賞金合計200万円)

研究者名(年令・出身国名) 研究機関名 研究題目
金光 義彦
(39歳・日本)
奈良先端科学技術大学院大学
物質創成科学研究科 助教授
シリコンおよびゲルマニウムメゾスコピック構造の光物性と光エレクトロニクスへの応用
中野 義昭
(38歳・日本)
東京大学大学院工学系研究科
助教授
利得結合分布帰還型半導体レーザに関する国際交流研究
交流研究助成
(満年齢原則35歳以下:受領者受領者10名/助成金合計1,500万円)
研究者名(年令・出身国名) 研究機関名 研究題目
石田 謙司
(28歳・日本)
京都大学大学院工学研究科
電子物性工学専攻
配向制御した機能性有機集合体におけるナノエレクトロニクス観測
金 勲
キム フン
(32歳・韓国)
東京大学先端科学技術センター
博士課程2年
単電子現象および量子効果デバイスに関する研究
Kalaga Murai Krishna
カラガ ムラリ キリシュナ
(30歳・インド)
名古屋工業大学 研究センター カーボンセミコンダクターデバイスに関する研究
Sonia Antoranz Contera
ソニア アントランツ コンテラ
(27歳・スペイン)
大阪大学産業科学研究所
工学研究科 博士後期課程
DNAのマニピュレーションによって作成した単一DNAワイヤーの伝導特性の研究
薛 光洙
ソル クァンスー
(28歳・韓国)
早稲田大学大学院 博士後期課程 SiO2薄膜中の点欠陥の光学的手法による同定と点欠陥が電気的特性に与える影響の解明
廬 柱享
ノ ジュヒョン
(31歳・韓国)
大阪大学産業科学研究所大学院
博士課程2年
自己形成量子ドット構造の形成機構の解明と量子ドットレーザ特性向上に関する研究
Harald Pressler
ハラルド プレスラー
(29歳・ドイツ)
電子技術総合研究所 外来研究員 超伝導トンネル接合放射線検出器における非平衡超伝導状態
朴 成唆
パク ソンジュン
(31歳・韓国)
東京工業大学 精密工学研究所 強誘電体ゲートトランジスタを用いた不揮発性メモリの開発と人口ニューロン集積回路への応用
Martin Vacha
マーチン バッハ
(33歳・チェコ)
電子技術総合研究所
材料科学部 STAフェロー
ナノメートルスケール分光検出に向けて極限光物性と新手法開拓の基礎研究
Lim Pang Boey
リム パン ボイ
(29歳・マレーシア)
埼玉大学大学院
博士後期課程
ヘテログラニュラー構造をもつ高抵抗軟磁性薄膜材料のウエット製膜と超高周波マイクロ磁気デバイスへの応用

国際交流助成(海外旅費) (満年齢原則35歳以下:受領者10名/助成金合計272万円)
国の内外で実施される国際シンポジウム、国際会議および国際共同研究等へ参加する国内外の研究者に海外旅費、参加費等を助成するものです。

研究者名
(年令・出身国名)
研究機関名 交流事項・研究題目・場所・期間
Islam, M .Nazrul
イスラム
モハメド ナズルル
(30歳・バングラデシュ)
室蘭工業大学大学院
博士課程後期2年
CLEO '98 参加・講演 / 米国(N.W.Washington) / 1998.5.1 - 5.10
板谷 太郎
(32歳・日本)
電子技術総合研究所
電子デバイス部技官
SPIE 招待講演 / 米国(San Jose) / 1998.1.23 - 2.1
岩山 勉
(36歳・日本)
愛知教育大学総合科学課程
助教授
University College Londonで機能性薄膜の物性評価に関する共同研究参画 / 英国(ロンドン) / 1998.6.1 - 5.31
梶原 誠司
(32歳・日本)
九州工業大学 情報工学部
助教授
第11回 VLSI設計に関する国際会議 / インド(チェンナイ) / 1998.1.4 - 1.7
川瀬 晃道
(31歳・日本)
東北学院大学工学部
応用物理学科 助手
イリノイ大学 会議・講演他 / 米国(Chicago) / 1998.5.18 - 5.27
John C. Dries
ジョン シー ドライス
(26歳・米国)
DEE Princeton University NJ USA IPRM '98 来日参加・研究発表 / 日本(つくば) / 1998.5.10 - 5.16
陳 延偉
チン エンイ
(35歳・中国)
琉球大学工学部 電気電子工学科
助教授
KES '98 参加・論文発表 / オーストラリア(Adelaide) / 1998.4.19 - 4.26
筑本 知子
(32歳・日本)
(財)国際超電導産業技術研究センター 超電導工学研究所
主任研究員
超電導体の重イオン照射効果に関する共同研究への参加 / 仏国 / 1998.2.中旬 - 3月中旬
Lutz Finger
ルッツ フィンガー
(26歳・ドイツ)
ISPT University Berlim IPRM '98来日参加・研究発表 / 日本(つくば) / 1998.5.10 - 5.16
山口 雅史
(30歳・日本)
名古屋大学大学院工学研究科
電子工学専攻 助手
APS(American Physical Society)March Meeting‘98で講演 / 米国(LA) / 1998.3.15 - 3.23

産学官交流助成(国内旅費) (満年齢原則35歳以下:受領者10名/助成金合計200万円)
我が国の民間、大学、国公立研究所等の研究機関において、産学官の連携交流のもとで研究(修学を含む)する研究者の旅費、交通費等を助成するものです。本年度は、独立行政法人 産業技術総合研究所の連携大学院制度、またはこれに準ずる制度に基づく研究者、大学院の学生を対象としています。

研究者名
(年令・出身国名)
研究機関名 研究題目
赤木 隆一
(33歳・日本)
神戸大学大学院自然科学研究科
分子集合科学専攻
博士後期課程1年
酸化物ガラスの構造変化に及ぼす修飾イオン効果に関する研究
音 賢一
(32歳・日本)
大阪大学大学院理化学研究科
助手
走査型プローブ顕微鏡によるメゾスコピック素子の作製とその量子伝導現象の研究
北澤 直久
(24歳・日本)
立命館大学大学院理工学研究科
博士課程前期
固体高分子型水電解/燃料電池における可逆的電極触媒の研究
桑原 研爾
(24歳・日本)
東京理科大学大学院
修士課程 (理工学研究科)
KrFレーザーパルスの高強度化に関する研究
後藤 芳孝
(24歳・日本)
筑波大学大学院工学研究科
博士課程
STM/AFM超微細加工法を用いた室温動作単一電子素子の研究
志賀 健治
(24歳・日本)
立命館大学大学院理工学研究科
前期課程1年
三次非線形光学高分子の合成とレーザー特性の研究
手嶋 豊
(22歳・日本)
名古屋工業大学大学院 多孔質セラミックスの耐熱性向上に及ぼす異種元素の添加効果
藤野 英利
(24歳・日本)
筑波大学大学院工学研究科
2年
多層超電導体系のデバイス基礎技術の研究
松井 裕章
(24歳・日本)
佐賀大学大学院 博士前期課程 Y124体の基本合成法及び超伝導線材化の基礎データに関する研究
三好 達夫
(25歳・日本)
立命館大学大学院理工学研究科
博士課程前期
リチウム二次電池用ポリマー系有機電解質のリチウムイオン伝導性能の向上とその評価表に関する研究

ウェブサイト利用規約     丸文株式会社